教室の特色

「よい説明」の徹底究明を経て、ジャズ演奏法に関するあらゆる疑問に「論理的かつ明快に答える」レッスンを行うに至っています
巷に溢れるほぼすべてのジャズ関係の教室や教則本の類は検証に晒されないアドホックな言説に満ちており、その到底理解しようのない教義たちは多くの学習者を悩ませています。
なぜそのようなことが起こり、放置されているのでしょうか。調性システムが見くびられているから、というのが私の見立てです。そう、それを自在に操ることは多くの人が漠然と思っているよりかなり手強いものなのです。それゆえ古今東西、ピンからキリまで、ジャズ演奏とは虎の巻と脊椎反射のセットによってやっつけるものと無意識的に邪道化すべく相場が決まってしまっているというわけです。このことはこれまで、知的に誠実な学習者によるジャズ演奏への参入をしばしば妨げてきたことでしょう。
さて、調性システム攻略のための「よい説明」には実際、以下のようなイノベーション群が必要でした(ギターによるものも含む)…順列をもつ5つのスケールタイプ・スケールタイプ観察・「転調×スケールタイプ」対応・「スケールタイプ×ポジション=キー」対応・階名による弦呼称・調号表とその一般化・調関係記号・5度圏の一般化・階差転調・名残読み・クリティカル階名唱法・カジュアル階名唱法・転調リゾルベント・階名タブラチュア・3種のz化メディテーション・階名コードネーム・理想的コードブック・正進行による7の和音のキーグルーピング・7の和音に対するコード種類ごとの階名解釈可能性ver.0.9~1~2・短調Ⅴの長和音化・ハーモニックマイナーの消去・7の和音表示推進論・「コード×スケールタイプ」対応・2の和音化と6の和音化・ベースおよび両外声のガイドトーン化・大オープンボイシング・オルタネートベースの理論的整備・5度上方コード挿入法・6の和音挿入法・数字付きバス階名・ハーモナイズドウォーキングベースのメソッド化・ディミニッシュセブンスコード問題の解決とそれに対するキーデザインの公式・裏コードの新定義・理想的リードシート・穏やかなキーデザイン・穏やかでないキーデザイン・D化・P化およびr化とその条件の明文化・δ化とε化・カルナティックテクニックのポリメトリック化・イントロとエンディングのフローチャート化・モード概念の秒殺的消去・T:ミソシレ→S:シレファラ提案・P:レファラ(ド)→P:ソシレファ提案・ハーモナイゼーションのレシピ化・トニックマイナー問題の解決・三位一体コード問題の解決・教会旋法改め教会調の導入によるブルースの脱呪術化・教会調Ⅴの長和音化・ブルーノートスケールの究明的解消…などなどなど。さあ、この列挙にヒくどころか無性にピンと来たというアナタは私たちのレッスン=議論をよく楽しめる確率が、ひいてはジャズ演奏の真の、じつはジャズ史上かつて実現してこなかった種類の楽しみをよく知ることになる確率が非常に高い。よって当教室の門を叩いてみることを強くお勧めします。そうでない方は…ここまでこの文字列を読み通せてなどいますまい。

カルレバーロ奏法を取り入れています
私は、脱力して弾くためのこの重要なメソッドをクラシックギタリストの高田元太郎氏から3年ほどかけて教わりました。カルレバーロ奏法を学ぶことにより、演奏における技術的問題のほとんどを最終的には独力で解決することができるようになります。当教室では、これについてはあくまでサブテーマとしつつ、必要十分に取り入れたレッスンを行っています。